動脈硬化の原因は、明らかになっていないのが現状です。動脈硬化の原因として挙げられていることはいくつかありますが、特に高血圧や糖尿病、高脂血症、喫煙、肥満、ストレスなどと深く関係していると言われています。中でも、動脈硬化を引き起こす最大の要因は、「高血圧」だと考えられているのです。高血圧とは、動脈の壁に高い圧力がかかるために内膜が傷つきやすくなり、脂肪もたまりやすくなっている状態のことを言います。脂肪やコレステロールが動脈にたまって、血液が血管の中で固まってしまい、詰まってしまう場合があります。また、高血圧になると、心臓への負担も大きくなってしまいます。動脈硬化の原因として高血圧が挙げられていますが、高血圧になる原因としても動脈硬化が挙げられるという風に、動脈硬化と高血圧は密接な関係にあります。血管は加齢とともに衰えていくため、年をとるのにつれて動脈硬化になる可能性も高まっていきます。血管の衰えは、10代のころからすでに始まっていると言われており、40歳を超えるころに動脈硬化による悪影響の症状が現れ始めます。動脈硬化や高血圧は、生活習慣に起因するものが多いです。加齢以外にも、偏った食生活、運動不足、喫煙、ストレスなどの悪条件をそろえてしまうことで、動脈硬化の進行を促進していしまい、動脈硬化はもちろんのこと、その他の病気を発症するリスクも高まります。他にも、既に患っている病気が原因で進行が早まる場合もあります。